注文住宅でよくある失敗例とは?後悔しないためのポイントも紹介!

公開日:2024/05/15
注文住宅でよくある失敗例とは?後悔しないためのポイントも紹介!

注文住宅の建築は夢の実現ですが、時には思わぬトラブルに巻き込まれることもあります。失敗は避けたいものですが、それを未然に防ぐためには注意が必要です。この記事では、注文住宅でよくある失敗例と、それを回避するためのポイントを紹介します。理想の住まいを手に入れるために、これらのポイントを押さえておきましょう。

間取りの失敗例と後悔しないためのポイント

まずは間取りのよくある失敗とその対策をみていきましょう。

人気の間取りの罠

人気のある間取りでも、自分や家族の生活習慣を考慮せずに作ると使い勝手が悪くなることがあります。大家族で生活時間が一致している場合は、混雑しやすい脱衣所と洗面所を分けたほうが便利です。生活時間がバラバラなら、より効果的な空間活用が可能かもしれません。

収納にまつわる後悔

収納の奥行きが深すぎて使いにくい、スペースがもったいないといった後悔はよくみられます。収納を考える際には、高さや幅、奥行き、配置場所などを慎重に検討しましょう。ウォークインクローゼットのパイプの高さや上部収納の奥行きにこだわることで、後悔を避けられます。

収納と動線の問題

キッチンでよくみられる失敗は、収納が少ないことと動線が悪いことです。アイランドキッチンはリビングから見えるため、収納スペースの確保が難しくなります。作業のしやすさや動線を考慮して、冷蔵庫などの配置を検討しましょう。

設備のよくある失敗と注意点

次に設備でよくある失敗と注意点についてみていきましょう。

冷暖房の効率とデザインのバランス

断熱性や気密性が低い家を建てると、冷暖房の効率が悪くなり、光熱費がかさむことがあります。一方で、開放感のあるデザインにすると冷暖房の効率が悪化する可能性もあります。建築が完成する前にデザインをしっかりイメージし、後悔を防ぎましょう。

視線とプライバシーのバランス

家の中や外の視線まで考慮せずに窓や配置を決定すると、くつろげない家になることがあります。道路に面したリビングで外構にさえぎるものがないのに大きな窓を作った結果、プライバシーが損なわれてしまうことがあります。

また玄関が道路に面していてプライベートな部分が丸見えになる、照明が自動的につかないなどの失敗も考えられるでしょう。玄関は家の印象を左右する大事なポイントなので、配置や照明の工夫を欠かさず行うことが必要です。外部からの視線に注意しつつ、利便性も考慮して配置を検討します。

トイレの位置について注意点

リビング近くにトイレを配置することで、来客時などに音が気になる場合があります。また、寝室のすぐ裏手に隣地の駐車場がありエンジン音が気になるなど、設備の配置には慎重さが求められます。

注文住宅では、細かな部分の失敗が予想以上に多いことも注意が必要です。玄関からリビングへ行くまでに洗面所を通る場合、生活感のある洗面所が丸見えになります。同様に、リビングから見える場所にトイレを設けてしまうと、来客がトイレを利用しづらくなります。収納の配置やトイレの設置位置に工夫が必要です。

注文住宅全般で後悔しないためのポイント

最後に全般的な部分について、後悔しないためのポイントをみていきましょう。

コンセントの配置

コンセントの配置を考慮していないと、生活が非常に使いづらくなります。キッチンではミキサーやホットプレートを使うためにも十分なコンセントが必要です。また、リビングなど各部屋にも十分なコンセントを配置することで、生活の快適さが向上します。

子供部屋と吹き抜けの注意点

子供部屋をパーテーションで区切ることや吹き抜けの問題もあります。子供の成長に合わせてパーテーションで区切る方法や、吹き抜けにシーリングファンを取り付けるなどの対策が必要です。吹き抜けは冷暖房の効きにくさにも注意が必要です。

壁紙と窓の失敗

注文住宅の壁紙選びには悩むことがありますが、実際に貼ってみるとサンプルとの違いを感じる場合があります。素材の弱さや傷のつきやすさにも注意が必要です。窓の数や大きさも採光とバランスを考えながら検討しましょう。

予算のオーバーに気を付ける

注文住宅を計画する際には、予算オーバーに注意が必要です。坪単価だけでなく、他の費用も含めて総合的な予算を考えましょう。予算オーバーを防ぐためには、細かい部分まで確認し、見積もりを正確に行うことが重要です。

まとめ

住まいは生活の拠点であり、家族や個人の幸福感や安定感に大きな影響を与えます。注文住宅を建てる際には、慎重な計画と注意が必要です。まず、間取りは生活の流れを左右し、将来の変化にも対応できる柔軟性が求められます。設備やデザインも、快適性や美観だけでなく、長期間の利用を考えた耐久性やメンテナンスのしやすさも考慮しましょう。

理想の住まいを手に入れるためには、十分なリサーチと検討が欠かせません。専門家との相談や意見交換も有益です。住まいの相談窓口では、無料で住まいに関する相談ができます。後悔のない暮らしを築くためには、住まいの相談窓口のようなサービスも活用して、慎重で緻密なプランニングを心がけましょう。

迷った方にはこの会社がおすすめ

家づくりコンシェルジュ

家づくりコンシェルジュ

家づくりコンシェルジュは業界経験20年以上の専門家が対応してくれる住まいの相談窓口です。相談方法はLINE、対面、WEB、電話から選ぶことができます。独自の基準をクリアした安心・安全な住宅メーカーのみを紹介してくれるため安心です。

もちろん相談はすべて無料。運営元が不動産コンサルティング会社のため、有料級の質の高いアドバイスを受けられるのが特徴です。

【東京都港区】住まいの相談窓口比較表

イメージ






サービス名家づくりコンシェルジュスーモカウンターLIFULL HOME'S 住まいの窓口タウンライフ家づくり家づくりのとびら注文住宅の相談窓口ハウジングカウンター
特徴業界20年以上のプロが相談に乗ってくれる会社や社員の雰囲気まで教えてもらえる200社以上の中から最適な会社を紹介3分で手軽に計画書の作成を依頼できる短い時間で疑問を解消できる豊富な実績を持っているスタッフが全員現役の住宅専門家となっている
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

東京都港区の住環境と注文住宅を建てる際の費用相場について

東京都港区の住みやすさや費用相場とは?

東京都港区は、憧れの街でもあります。そんな東京都港区に家を建てる際、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

2023年の住みたい自治体ランキングでは、港区が1位でした。港区の住環境や、家を建てるときに必要な費用相場について、詳しく解説しています。

港区の情報

東京都港区は、23区の中心部にあり、区の一部が東京湾に面しています。港区の面積は20.37㎡で、2023年9月時点での人口は約26万5,000人です。

東京23区の中でも、人口密度の高い地域です。六本木や台場、麻布十番などの人気スポットが多くあります。

また、ビジネス街でも有名な新橋もあり、洗練されたイメージのある地域です。歴史を感じる文化財や近代的なものまであり、魅力的です。

港区の治安や住環境

都心の中心部でありながら、閑静な住宅街もあります。港区は、ブランドのショップが多く集まる高級エリアとしても知られています。

近年では人口も増えており、人気が出てきている地域です。港区の治安は、よいところとよくないところがあります。

六本木や赤坂は犯罪件数が少なくないため、治安がよいとは言えません。しかし、閑静な住宅街である青山などは、比較的落ち着いており、安心して住めます。

治安がよい地域では、定期的にパトロールがおこなわれています。港区は小学校や中学校など、教育機関が多いことも人気の理由です。

芝公園など自然で緑を感じられるスポットもあり、子育てもしやすいと評判です。日常の買い物も便利で、ミッドタウンや六本木ヒルズなどのショッピングセンターが充実しています。

24時間営業しているスーパーもあるため、買い物には困りません。子育て世代が多く住んでいるため、若い夫婦も多いです。

そして港区は交通アクセスも優れており、JR山手線や東京メトロ丸の内線など、17路線が通っています。電車だけではなく、バスも多く運行しているため、移動しやすいです。

港区内には33駅があり、利用者の多いターミナル駅も存在します。電車やバスが充実しているので、通勤・通学しやすいエリアです。

新幹線や飛行機も利用しやすい位置にあるため、出張や旅行も行きやすいです。飲食店は安価なところから、高級店まであり、プライベートでも仕事でも利用できます。

東京タワーにも徒歩でいける地域もあり、散歩をして気分転換にもよいでしょう。

港区で家を建てるときの費用相場

港区の治安や住環境を見て、住みたいと思った方もいるでしょう。そこで気になるのが、家を建てたときの費用相場です。

港区の新築一戸建ては、平均1億4,393万円です。全国平均が3,719万円なので、港区がいかに高級住宅街かがわかります。

しかし、同じ港区でも最寄りの駅によって、平均価格は異なります。たとえば、田町駅だと9,334万円〜1億1,408万円が相場です。

一方で六本木一丁目駅は、1億6,643万円〜2億341万円が相場となり、大きく差があります。続いて、港区の土地単価を紹介します。

2023年の土地単価は、約1,360万円です。土地単価もエリアによって、大きく異なります。

また、市場状況によっても変化する可能性があるため、事前に確認しておくことが大切です。一般的に一戸建てを建てるときは、20〜30坪必要です。

そのため、港区の中でも高級住宅街となる白金エリアでは、1億1,800万円〜1億7,700万円ほどかかることが予想できます。一方で建築費は、全国と首都圏で大きな差はありません。

建築費は、建設を依頼する会社によって異なり、追加するオプション次第で増減します。港区で注文住宅を建てる場合、トータルコストで1億8,000万円ほどかかります。

先述したように、港区でもエリアによって価格が変動するため、慎重に考えましょう。

港区に家を建てるために必要な年収とは

港区に注文住宅を建てるためには、1億円以上の費用がかかることがわかりました。では、その価格の家を建てるためには、どれくらいの年収があればよいのでしょうか。

住宅の建築費を見て、自分の年収で大丈夫なのか不安に思う方も多いです。それぞれのライフスタイルや貯蓄額によっても異なりますが、1住宅購入の目安になるのが年収倍率です。

購入価格が年収の何倍になるのかを表した数値で、購入金額÷年収で計算できます。2022年度のフラット35調査では、平均年収倍率が6.9倍という結果が出ています。

港区で注文住宅を建てる際にかかるトータルコストと、平均年収倍率で割ると約2,600万年という結果です。つまり、1港区で注文住宅を建てるためには、2,600万円の年収が必要です。

ただし、実際は住宅ローンを使用するため、必ず必要というわけではありません。年収倍率の10倍ほどであれば、住宅ローンが組める可能性があります。

もし、予算オーバーしてしまった場合、不動産会社に相談すれば、値引きをしてくれるケースもあります。年収が足らないからと諦めずに、一度相談してみましょう。

年収は問題なくても、貯蓄が少なく不安に思う方もいます。年収は目標金額に達成していても、貯蓄がないと不安です。

新築一戸建てを購入する際、3〜10%の初期費用が発生します。そのため、ある程度貯蓄がないと、初期費用が支払えず、家が建てられません。

注文住宅を建てると決めたときから、コツコツ貯金を始めるとよいでしょう。

知ってお得な家を建てる時の補助金

住宅を建てる際、もらえる補助金があれば利用した方がお得です。住宅購入は大きな買い物になるため、少しでも補助金が出ると助かります。

もらえる補助金制度を把握し、建築費の負担が減らせるよう、参考にしてください。

こどもエコすまい支援事業

新築住宅を購入する子育て世帯や、若い夫婦世帯などが対象になる補助金制度です。補助金を受け取るには、もちろん条件があります。

ZEHレベルが高く、省エネ性のある住宅を購入する子育て世帯または若い夫婦世帯であることが条件です。子育て世帯では、18歳未満の子どもが対象になります。

若い夫婦世帯というのは、申請時にどちらかが39歳以下であることが条件です。新築住宅であれば、最大100万円の補助金が受け取れます。

こどもエコすまい支援事業への交付申請は、ハウスメーカーや事業者が行います。この補助金を受けるためには、事前にスケジュールを立てておくことが大切です。

スケジュールを立て、やるべきことをリストアップしておくとよいでしょう。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス実証事業

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス実証事業は、ZEHのほかにZEH+や次世代HEMSなど、高性能住宅のみ支給対象になります。そのほかにも条件があり、全て満たしていないと受け取れません。

建築する会社は、ZEHビルダーもしくはプランナーとして登録されている施工会社が対象です。これらに当てはまる施工会社が新築した場合のみ、この補助金が受け取れます。

また、導入する設備によっては、補助金が増額されます。たとえば、蓄電システムを導入した場合、補助金の額は2万円アップします。

この補助金制度では、最大112万円の補助金が受け取り可能です。また、上限に達した場合、応募を締め切るため、必ず受け取れるわけではありません。

補助金制度を利用したい場合、事前に申し込み状況を確認しておくことをおすすめします。

地域型住宅グリーン化事業

高い省エネ性や、耐久性のある木造住宅の購入が対象の補助金です。補助金の申請や受け取りは購入者ではなく、施工会社が行います。

ZEH水準未満の住宅や、ZEH水準を満たしていても耐震等級が1の住宅は対象外です。長寿命型やゼロ・エネルギー住宅型など、条件に合った住宅を建てる必要があります。

対象となる住宅のタイプによって、受け取れる補助金の額が異なります。新築の建築完了報告のあと、2〜6ヶ月後に施工会社へ入金され、購入者が受け取る流れです。

建築完了報告をする時期が決まっているため、それに合わせて竣工や引き渡しを行う必要があります。こちらの補助金制度を利用する場合は、前もってスケジュールを立て、間に合わせることが大切です。

【PR】業界20年以上の専門家によるコンサルティング